祭り撮影に挑戦!浜降祭へ行ってきました

7月21日に行われた浜降祭は、寒川町・茅ヶ崎市にある各神社の氏子たちがその神社の神輿を担ぎながら一斉に海に入り、みそぎを行うお祭りです。
30基を超える神輿が早朝の浜辺に集結する姿は圧巻なので、カメラを持って行ってきました。

image

しかしながら、動く御神輿と人の嵐で撮影は難航(汗)
全体を撮ろうとすると、どうしてもゴミゴミとした写真になってしまいます。

なので、あえて切り取りを意識して撮ってみたのが下の写真です。
前に肩車親子がいたので、手前に入れさせていただきました。

image

ピクチャーエフェクトも試してみた

それと今回、ピクチャーエフェクトもあえて試してみました。
ピクチャーエフェクトというのは、アートっぽい写真が撮れるNEX-3Nに搭載されているカメラ機能のことです。
(他のαシリーズにも搭載されているみたいです)
モノクロ、ミニチュア等いくつかあるので、自分で設定して撮影します。

普段はあまり使わない機能なのですが、結構面白い写真が撮れました。

「トイカメラ」で撮影

マニュアルによると、「周辺が暗く、シャープ感を抑えた柔らかな仕上がりになる」とのこと。
柔らかいかどうかは分かりませんが、少しレトロな感じになりますね。

image

「ミニチュア」で撮影

ミニチュア模型を撮影したような鮮やかでボケの大きな仕上がりにということで、人の部分が大きくボケています。
個人的には一番気に入っています。

image

「パートカラー」で撮影

1色のみをカラーで残し、他の部分をモノクロで写す機能です。
提灯の赤をカラーで残してみました。

image

おわりに

浜降祭は早朝で行くのが大変なのですが、海と空と砂浜と神輿が一体となる情景は見ものです。
人も多く、朝から屋台も出るので活気もあります。

茅ヶ崎の駅から海岸までの距離は、歩けなくはないけど・・・という感じで、臨時バスやタクシーを利用する人も結構いました。
正確ではないですが、徒歩20~30分位の距離です。

私は単焦点レンズ(50F18)で撮影しましたが、望遠レンズならまた違った写真が撮れると思います。

興味ある方は、是非来年チャレンジしてみてください。

【今回使用したレンズ】
単焦点レンズ(E 50mm F1.8 OSS)SEL50F18

浜降祭詳細>>>茅ヶ崎市観光協会/浜降祭

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク