フォトブック「写真仕上げ」で作品集を作ってみました(フジフイルムモール)

image

フジフイルムモールでフォトブックを一冊無料で作っていただけることになったので、ありがたくお願いしました。今回も、一眼カメラで撮った写真の作品集です♪

フォトブックはプチプチで梱包された状態で届きました。
これなら雨が降っても安心です。

利用サービス&オーダー内容

今回利用させていただいたのは、フジフイルムモールの「フォトブック簡単作成タイプ」。
こちらのサービスは、専用ソフトのインストールは不要で、Web上で簡単にフォトブックが作れます。

フジフイルムフォトブック

オーダーした内容は次のとおり。
他社ではあまり見かけない「写真仕上げ」というのは、富士フイルムさんならではという感じがしますね。
・ハードカバー(写真仕上げ
・205x145mm
・16ページ

仕上がりをチェックしてみましょう♪

外観

不織布ではなく、プラケースに入っています。
プラケース入りだと、見た目の高級感もありますが、フォトブックを保護しながらも背表紙が見えるので本棚にしまっておいても探しやすくていいですね。

image

写真では分かりにくいかもしれませんが、表紙は少しマットな感じ。

image

画質

画質は相当キレイで、色の再現性も良いと感じました。
やはり「写真仕上げ」効果なのか!? と思ったら、どうやらそうみたい。

写真仕上げは、富士フイルムさんおすすめで、公式サイトには次のように書かれています。

(写真仕上げは)写真専用の印画紙でプリントしているので、純度の高い色再現、滑らかなグラデーションで超高画質に仕上がります。

なるほど~。

また、印刷の場合、シアン・マゼンタ・イエローおよび黒色(CMYK)のインクを混ぜて色を再現するので、デジカメやPCのモニタ(RGB)で見るのとイメージが違ってしまう場合があります。

その点、写真仕上げはレーザー露光方式でプリントするので、色の再現性も高いそうです。

image

装丁

カドを見ていただくと分かるかと思いますが、作りはかなりしっかりしています。

image

おまけに、過去に作ったどのフォトブックよりも紙質は厚いです。
これは紙ではなく、印画紙だからでしょうね。

image

紙質厚めでしっかりしていますが、その分、仕上がりも厚めになるのでここは好き嫌い(あるいは収納上の問題)が分かれそうです。

また、厚手のせいか、ページをめくるときにペリっという音が聞こえることがあります。
これも気になる人は気になるかもしれません。

簡単に作れて、
とにかく画質にこだわりたい、という人にはオススメできると思います。

気になる方は公式サイトもチェックしてみてくださいね!

詳細はこちら>>フジフイルムフォトブック
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

※本記事で作成したフォトブックはフジフイルムモール様よりご提供いただきました。

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク