「ジュエリーを印象的に撮る」再び

ソニーのα体験会「ジュエリーを印象的に撮る」に再び参加させていただきました。

ジュエリー撮影

前回は、ピントとセッティングに振り回された私・・・。
再チャレンジとなる今回の自分的テーマは「マクロで撮る」です。
マクロレンズは持っていないので、お借りしての撮影でした。

自分のSEL50F18(単焦点)だと被写体には寄れないので、これが限界。被写体や撮り方にもよりますが、小さいものには不向きです。

ジュエリー撮影

マクロなら、こんな感じでズズズ・・・っと寄れます。
玉ぼけを作るために、ああだこうだと、小物を色々と使わせていただきました。

ジュエリー撮影

もっと寄るとこんな感じ。ピント以外はとろんとした感じのボケに。

ジュエリー撮影

ちなみにこのマクロレンズは、寄っての撮影しかできないわけではなく、被写体に近づけば近づくほどまわりがボケやすいのだそうです。
マクロの特徴は出ませんが、普通の風景写真などスナップ写真も撮れます。

こちらはピクチャーエフェクトのレトロを使用。
全体的にゴールドがかり、レトロというよりは、ゴージャスな感じになりました。

ジュエリー撮影

今回、すっかりマクロ撮影を楽しんでしまいました。
(だんだん欲しくなってきた・・・)※2014年12月に購入しました!

ジュエリー以外のテーブルフォトでもまた少し違う視点で撮影ができそうで良いですね。

●今回使用したカメラとレンズ
・SONY NEX-3N
SONY マクロレンズ E30mm F3.5 Macro (SEL30M35)
icon
スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク