横浜西洋館めぐり③ ベーリック・ホール+ランチ

イタリア山庭園を後にし、山手本通りを海の見える丘公園方面へ歩いていくと、ベーリック・ホールに到着です。

yokohama_seiyoukan

ベーリック・ホール

J.H.モーガンの設計により昭和5(1930)年に建てられた、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅です。
スパニッシュスタイルを基調とし、戦前の西洋館としては最大規模を誇る建物だそうです。

可愛らしい子供部屋やレトロなタイプライターが置かれた書斎など、当時の暮らしをしのばせるようなインテリアになっています。
ただ、ハロウィン仕様で廊下にかけられた絵が見る角度によって怖い絵に変わり、一瞬ビビりました・・・。

yokohama_seiyoukan

yokohama_seiyoukan

yokohama_seiyoukan

yokohama_seiyoukan

たっぷり堪能したところで、ベーリック・ホールを後にし、再び海の見える丘公園を目指して出発です。

山手十番館

だんだん小腹が空いてきたので、途中、「山手十番館」でちょっと遅めのランチタイムをとりました。

山手十番館

こちらは外国人墓地前に佇むカフェレストランで、1Fが喫茶室、2Fがレストランになっています。
レトロな雰囲気と、ステンドグラスがきれいなおしゃれなお店です。

1Fの喫茶室でいただいたのは、「開港カレー(953円)」。

開港カレー

なんでも横浜開港当時のカレーのレシピの良さを生かしたカレーだそうです。
インドカレーや、欧風カレーとは違った独特の味わいがありました。
添えられたレーズンとよく合います。

上にのっかったおせんべいも、カレーをつけていただくと美味しい。
(後から調べたところ、インドの煎餅「パパド」というものらしいです)

辛さはなく、どちらかというとフルーティーな味わいで、恐らく初めて口にした味だと思います。
ウエイトレスさんの笑顔もとても素敵で、おなかも気持ちも大満足でした。

●今回使用したカメラとレンズ
・SONY NEX-3N
SONY 単焦点レンズ E 50mm F1.8 OSS (SEL50F18)
icon
・ipod touch(レストランにて)
スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク