酔っ払いの話を信じないで欲しいワケ

お酒も飲み会も大好きなのですが、翌朝の何とも言えないモヤモヤした感じが苦手です。
反省もありますが、どちらかというとものすごく気恥ずかしい。
じゃあなんで飲むのよと言われそうですが、それは美味しいからですよ。モチロン。

image

photo by photo AC

お酒は人を変える

20代はまあ失敗の連続というか、記憶がない!なんてことはザラ。
二日酔いに苦しめられる頻度も多かったです。この頃は、飲む⇒反省⇒飲む⇒反省・・・みたいなスパイラルにはまっていました。

それが、30代に入ってからは反省に深みが増し、「セーブして飲む」ことが多くなりました。おかげで記憶を失くしたり、リバースしたりすることはほとんど無くなったわけです。

ですが、居心地の悪い気恥ずかしさにモヤッとすることが多くなりました。

その理由は、
お酒が入ると、ロクなことを言わない。
これに尽きます。

例えば、わたしの場合、自分をさらけ出し過ぎる傾向があります。。
人を傷つけることは言ってない(はず)ですが、自分をさらし過ぎたり、ちょっと大げさな物言いをしてしまったり、自慢めいた話をしてしまったり、夢を語っちゃったり、同じ話を何度も繰り返しちゃったり・・・。思い返すだけで、もう叫びだしたい気分です。

加えて、さらけ出した自分が自分じゃないこともあります。結果的に嘘ついちゃった・・・みたいな。思うに普段はある程度頭で整理して口にするのが、勢いや思いつきのままに言葉に出しちゃってるんでしょうね。

なので、飲まない人、お酒に強くて酔っぱらわない人に改めてお願いしたいです。
酔っ払いの話は信じないでください。マジで。

もし、その話があなたにとって大事なものであるなら、シラフの時にもう一度聞いてみてください。

反省はしてるんですよ?

泥酔した翌日は、たぶんほとんどの人がひどく凹み、反省しています。
誰に怒られても、そんなものは右の耳から左の耳へ抜けてしまうくらい落ち込んでるはず。もちろん、わたしもそうです。

迷惑をかけられたのなら怒るのも仕方ないですが、ホントかウソかよくわからない与太話を散々聞かされたくらいなら、そっとしておいてあげてほしいです。

繰り返しますが、本人が一番反省してます・・・。

images

photo by photo AC

より深い反省が必要な3つの行動

反省はしますが、酔っ払いの反省は長続きはしません。
長くてもせいぜい一週間くらいではないでしょうか。立ち直りも早いんですね。人によっては、朝までどん底だったのに、夜にはもう楽しく飲みに行っちゃいます。

基本的にはそれで良いとわたしは考えていますが、酔っぱらっていてもNGな行動はあります。こんな人は、一事が万事になりかねないので気を付けてくださいね。
(こまめに水を飲むとか、ウコンを飲むとか、泥酔しない方法を模索してください)

  • 物を失くす、落とす。(財布もダメージ大きいですが、会社の資料なんか失くしたら信用問題です)
  • 他人に怪我させる。あるいは言葉の暴力。(人としてダメ)
  • 自分が怪我をする。(酔いが醒めた時めちゃくちゃ痛いです)

おわりに

12月、1月と飲む機会が多かったので、今回は酔っ払いの一人として書いてみました。
呑兵衛のたわ言として、さらりと流してもらえたら嬉しいです。

「お酒はほどほどに」
「酒は呑んでも、呑まれるな」

わかってます、わかってます。
たぶん日本全国の酔っ払いの皆さんもわかってますよね?

これからも元気に楽しくお酒をたしなみたいものですね。

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク