日比谷公園で菜の花を撮ってきました

日比谷公園

都会のオアシス、日比谷公園に行ってきました。
お供はマクロレンズ(SEL30M35)1本です。

菜の花にズームイン!

マクロの練習をしたかったのですが、きれいに咲く花壇のお花たちは柵で囲われ、近くに寄れず・・・。雑草でもいいから何かないかなーと歩いていたら、菜の花が可憐に咲き乱れていました!

日比谷公園

まだまだ肌寒いですが、ゆっくりと確実に春が近づいていることを実感。
蜜蜂たちも心なしか楽しげに花と戯れていました。(カメラ近付けたら、逃げていきましたケド・・・)

で、ようやくマクロレンズでマクロ(接写)で撮った写真がコチラ。

日比谷公園

春っぽくて、自分的には気に入ってます♪

興味深いモニュメントたち

春の息吹を感じつつ、公園を散策していたら、興味深いものをいくつか発見!
こういうのはお散歩の醍醐味ですね。

公園内の巨大石はお金だった! 石貨(せっか)

直径1メートル程の大きな石。実はこれ、南太平洋ヤップ島で使われていたお金だそうです。最大で3メートルのものもあるというから驚き!

どうして日比谷公園にこんなものがあるのかというと、大正14年にヤップ島の支庁長から寄贈されたそう。歴史を感じますねー。

日比谷公園

知らなかった! 伊達正宗公 終焉の地・・・らしい

仙台藩祖、伊達正宗は誰しも一度は耳にしたことがある名前でしょう。
NHKの大河ドラマでもやりましたよね。

その伊達正宗公の終焉の地が、なんと日比谷公園内にありました。

p150321_04

考えてみれば、江戸城があったところなので納得ですが、江戸参勤の際に亡くなったのは何だか切ないですね。

おわりに

有楽町から歩いてすぐの日比谷公園。園内では写真を撮ったり、お弁当を食べたり、写生を楽しんだり、みんなそれぞれゆったりと時間を過ごしていました。

私もぶらぶらと散策して、たくさん深呼吸して、とてもリフレッシュできました。

園内のレストランでは生ビールのテイクアウトもあったので、もう少し暖かくなったら、公園のベンチで一杯なんて楽しみ方もできそうです^^

また、四季折々の表情を楽しめる公園なので、是非再訪したいと思います!

日比谷公園(公園へ行こう!)

今回使用したカメラとレンズ
・SONY NEX-3N
SONY マクロレンズ E30mm F3.5 Macro (SEL30M35)icon
スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク