【山梨旅行】勝沼ぶどうの丘とローストビーフランチ

1泊2日の山梨旅行に行ってきました。友人とワイン&フルーツを楽しむ旅です。
新宿から特急かいじで勝沼ぶどう郷駅まで行きました。

レストラン「風」

最初の目的地は、勝沼醸造さんが経営するレストラン「風」です。
地元の方にも旅行者にも大人気のお店で、土日祝のランチは2部制をとるほど。確かに11:30のオープン前には「満席」の札が出ていたので、予約は必須のようです。

レストラン風

窓際の席を用意していただけたので、眺望もグッド。お天気にも恵まれ、気持ちの良いランチタイムになりました。

レストラン風

メニューは一度食べてみたかった、ローストビーフに決定。
スープとパンが付くセット(3,500円)に、アルガお勧めワインセット(1,000円・3種類)もお願いしました。

ローストビーフはシェフがテーブルまでワゴンを引いてサーヴしてくれます。いただけるのは、赤身と霜降りの2種類。するするーっと綺麗にお肉をカットする様子を見ていて、思わずごくり。良い匂いだし、めちゃくちゃ美味しそう!

レストラン風

一口食べて、思わず・・・にんまり。

私はどちらかというとさっぱりめが好きなので、普段は赤身を食べることが多いのですが、こちらの霜降りはちょっと感動でした。脂っこくないし、すごくジューシー。甘みもあります。お醤油でいただくようになっていますが、薬味の山葵だけで十分!少し味を変えたいときは、ピンクペッパー入りの岩塩もよく合いました。

気持ちの良い接客と、美味しいお食事に心もおなかも大満足となりました。

勝沼醸造直営レストラン「風」

甲州市勝沼 ぶどうの丘

お腹いっぱいになったところで向かったのは、「勝沼ぶどうの丘」。
レストランからタクシー会社に電話して迎車をお願いし、移動です。時間にして10分程度、タクシー料金は2,000円弱位だったかと思います。

ぶどうの丘は甲州市が運営する観光施設で、地下のワインカーヴには市が主催する品質審査会に合格したワインが常時150~200銘柄あるそうです。もちろん試飲もできますし、気に入ったワインを購入することもできます。

勝沼ぶどうの丘

試飲するためには、入場料がわりに1,100円で専用の容器(タートヴァン)を購入します。
タートヴァンは昔からワインの利き酒用として使われていた道具で、ソムリエが首からかけていることもあるそうです。

勝沼ぶどうの丘

ぶどうの丘でも、このタートヴァンを首からかけて、試飲します。
これだけの種類を一度に試飲できる機会はなかなかないので、貴重な体験でした。ただ、たくさんありすぎてどれを飲もうか迷う&味がだんだんわからなくなってきますが、これもまた、嬉しい悩みですね。

勝沼ぶどうの丘

購入したワインは配送できるので、電車の方も安心です。

甲州市勝沼 ぶどうの丘

近隣のホテル

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク

コメント

  1. スザニー より:

    ゆえさん^^

    こんばんわ^^スザニーと申しますm_m
    人気ブログ村より初訪問しました!
    早速最新記事の山梨旅行を拝読しました。

    仕事で何度か山梨を通過したことはありますが、
    実際に写真や記事を読むと・・めっちゃイイとこじゃないですか!!

    ローストビーフも景色も☆ミ
    ただ私はアルコールが1滴も駄目なので、
    ワインの楽しみが伝わってこないことが悔しいですが・・

    私は5月に強羅旅館に1泊2日で行ってきました☆
    やっぱり旅行は楽しいです!そこはゆえさんと同じだと思います^^

    いつかは山梨へ行くぞ~^0^/

    P.S
    私もブログをやっています☆ミ
    良かったら遊びに来て下さいねん♪♪

    • ゆえ より:

      >スザニーさま
      はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
      山梨へは20年ぶりくらいに行きましたが、景色も空気も食事もとてもよかったです^^
      ぶどう畑の広がる景色も、普段見慣れないもので新鮮でした。

      スザニーさんは箱根にいらしたのですね。箱根もすごく良いところなので、私も大好きです。
      ほんと、旅行は楽しいですね!!