【山梨旅行】生ワイン詰め体験@白百合醸造

山梨旅行の2日目は、白百合醸造さんへ伺いました。
車のない私たちはもちろんこの日もタクシー移動です。

宿泊したホテル春日居さんから10分ほどで到着!
なんともお洒落な外観のワイナリーです。白百合醸造さんでは工場を案内していただけます。

白百合醸造

はじめにぶどう畑を見せていただきました。
枝に対して、木の幹が少ないのにびっくり。ワイヤーを使って横に張り出してるんですね。

白百合醸造

次は工場内へ。
この大きな発酵タンクでは、ぶどうの果汁に酵母を加えて発酵させるそうです。そうすると約1カ月でワインに変わるというから驚きです!

白百合醸造

ビン詰ライン。自動的にワインをビンに詰め、ラベルを貼る機械だそうです。ただ、残念ながらこの日は日曜だったので動いていませんでした・・・。

白百合醸造

ワインセラー(ビン熟庫)でビン詰めしたワインを熟成させます。通常2~3年、長いものは数年かけて行うそうです。手前は樽熟成ですね。

白百合醸造

どれも初めて見るものばかりだったので、興味深かったです^^

生ワインのボトル詰め・オリジナルラベル作り

こちらの白百合醸造さんでは、予約すれば生ワインのボトル詰め体験ができます。(1,750円)

中身のワインはシーズンによって異なり、赤白や甘口辛口等、選ぶことはできません。また、防腐剤が入っていない状態なので、冷蔵庫に入れて1週間以内に飲んでくださいとのこと。

まずは、小さな樽からワインを注ぎ、コルクを打ちます。コルク打ちは”てこ”の原理をうまく利用した機械で、子どもでも簡単に打てます。(実際、小学生のお子さんも打ってました)
力もいらないし、コツもいらない、すごくよくできた機械です。

白百合醸造

コルクが打てたら、キャップシールを被せます。こちらも自動。

白百合醸造

最後にラベル作成です。6種類のラベルから好きなものを選び、イラストや文字をカキカキ。久々握ったクーピーの感触が新鮮でした! 出来上がったラベルは糊でビンに貼りつけます。

白百合醸造

置いてあった見本はすごく上手♪ センスを感じます。

白百合醸造

私のは・・・微妙な出来だったので、非公開(笑)

今回詰めた生ワインはナイアガラという甘口の白ワイン。マスカットのような良い香りがしました。さっぱりとした甘みなので、しつこさがなく、暑い日にも飲みやすい~!
甘口ワインは普段飲まないのですが、とっても美味しかったです♪

試飲もできます

ワイナリーのお楽しみ、試飲もあります。樽の色で甘口・辛口・ジュースと分けてあるので、見た目にわかりやすくてよかったです。

白百合醸造

無料試飲のほか、有料試飲(300円~)もあり、有料のほうはカウンターに座ってグラスで頂きます。
店内にはグリッシーニが売っていて、太っ腹にもその場でワインと一緒にいただいてもよいそうです。お口をリフレッシュするのによさそうですね。

ロリアンワインの白百合醸造

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク