新たなる目標!ストックフォトにチャレンジ

image

このたび、趣味の写真とは別に、ストックフォトにチャレンジしてみることにしました。

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。 もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。 その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。(Wikipedia)

きっかけは、オンライン学校のスクーウェブキャンパスで『「趣味で終わらせない!」売れる写真を撮る方法』を受講したこと。

ストックフォトは買い手を意識して撮ることが求められるので、自分の好きなように撮ることはできません。むろん、アーティスティックな要素も不要。

また、商用の広告素材になるので、クオリティはもちろん、被写体の権利についてもシビアにチェックする必要があります。

制約が多い分、面倒といえば面倒です。

これまでは「私自身」のためだけに写真を撮ってきました。それを「誰か(消費者)」のために変えることは、私にとっては新鮮ですし、新たな目標といいますか、楽しみになるはず。

そして、なにより腕を磨く良い刺激になると思い、始めてみることにしました。

PIXTA(ピクスタ)に登録

ストックフォトの販売にあたって、私は国内大手のPIXTA(ピクスタ)に登録しました。

理由のひとつは大手ならではの安心感、もうひとつは受講した『「趣味で終わらせない!」売れる写真を撮る方法』にPIXTAの方が登壇されていたからです。

販売開始に先立ち、個人情報の登録と身分証明書のアップロードが必要でした。

登録が無事完了すれば、写真をアップロードできるようになるわけですが、その前にPIXTAの入門講座をオンラインで受講し、テストに全問正解しなければなりません。

この入門講座はストックフォトの販売にあたって最低限知っておきたい内容が詰まっていたため、真剣に読みました。

また、実際に写真をアップロードしても、PIXTA側での審査があり、審査に通らないと販売はできません。審査は写真の良し悪しではなく、広告素材としてのクオリティなどがチェックされるようです。

審査を経て、世に出た私のストックフォトデビュー作がこちらです。(現在、PIXTAにて販売中)

いろいろなアングルでとにかく枚数を撮り、その中から精査した1枚です。
細かな埃などはレタッチで取り除きました。

おわりに

まだかけ出しですが、電車に乗っているときも何をどういう構図で撮ろうか考えることが多くなりました。
思いつくと、メモをして、どんなふうに使ってもらえるのかイメージすることもあります。

撮影目的を変えただけなのに、自分の視点が変わってきたことを感じてすごく楽しいです!

写真・イラスト・映像素材マーケットプレイス PIXTA

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク