眼前に東京タワー!「東京シティビュー」からの眺望撮影

六本木ヒルズ内にある展望台、東京シティビューにのぼってきました。東京タワーも含め、街全体がまるでおもちゃのように見えるのが不思議。

東京シティビュー(六本木ヒルズ)

都心の展望台「東京シティビュー」

東京シティビューは六本木ヒルズにある展望台。52階(250m)から東京の街並みを眺めることができます。

料金は1800円とわりと強気な設定。ただ、同じフロアにある森美術館にも入館できるので、あわせて楽しめればお得です。(展覧会によるのと、森アーツセンターギャラリーは別料金)

また、一般料金のみですが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズのチケット提示で300円割引になります。

東京シティビュー(六本木ヒルズ)

せっかくなので、開催中の「フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション」に立ち寄ってみました。

フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション

国際的建築設計組織「フォスター+パートナーズ」日本初の大規模展覧会と銘打っているとおり、都市と建築に関する展覧会です。残念ながら、あまり興味のない分野・・・。来場者は建築関係者の方でしょうか。かなり熱心に見ていらっしゃいました。

建築はよくわからないのですが、精巧な模型がすごくて、案外楽しめました。
例えば、これ。英国の大英博物館の模型です。細部に至るまで、緻密に表現されています。
東京シティビュー(六本木ヒルズ)

東京シティビュー(六本木ヒルズ)

フランスのミヨー橋もありました。これもすごい。
東京シティビュー(六本木ヒルズ)

フォスター+パートナーズ展では、一部を除き写真撮影が許可されていたので、景色とともに写真が撮れたのがよかったです。

東京シティビューは楽しむための複合施設

展望台だけなら、正直、浜松町の世界貿易センタービルのほうが好きです。

東京シティビューはフロア内に森美術館(東京シティビュー内スカイギャラリー)、森アーツセンターギャラリー、レストランとあるので、少し狭く感じました。また、日時にもよるかもしれませんが、観光客が多いです。(特に東京タワー側)

東京シティビュー(六本木ヒルズ)

だけど、展望台+αがほしいなあというときには、東京シティビューはいいですね。
例えば、景色を見ながらお茶したいとか、ごはん食べたいとか。もちろん森美術館の展覧会もそうです。

じつは素敵なカフェレストランを見つけたので、今度ぜひ行ってみたい。・・・ということで、近々リピしそうです。

おわりに

東京シティビュー(六本木ヒルズ)

今回は日暮れを待ちきれず夕景になりましたが、東京シティビューは夜景撮影スポットとしても人気です。

そうそう。東京シティビューフォトコンテストが開催されていますので、興味のある方はチェックしてくださいね!
>>「六本木ヒルズ 東京シティビュー フォトコンテスト」をチェック

東京の中心に位置し、海抜250メートルの屋内展望回廊と、海抜270メートルの屋外展望回廊「スカイデッキ」を有する展望施設。屋内展望回廊にある「スカイギャラリー」では、眺望と融合した展覧会やイベントを行います。
今回使用したカメラとレンズ
・SONY NEX-3N
SONY 単焦点レンズ E 50mm F1.8 OSS (SEL50F18)icon
スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク