エキマエ水族館再訪!何度行っても楽しめるアクアパーク品川

アクアパーク

品川駅からすぐの「アクアパーク品川」は都心にあるエキマエ水族館です。

アクアパーク品川の魅力は立地のよさはもちろん、展示プログラムや光や音・映像を効果的に使ったスタイリッシュな空間でしょうか。とにかく何度訪れても、楽しめます。

かくいう私も、これで3回目。年4,200円で何度でも入館できる年間パスポートが役立っています♪

ザ スタジアム

アクアパーク品川では、イルカショーは「ドルフィンパフォーマンス」と呼ばれ、デイバージョンとナイトバージョンのふたつのプログラムが用意されています。実はまだデイバージョンは観たことがないので、今度は是非昼間に行ってみたいです。

アクアパーク

アクアパーク

アクアジャングル

アクアジャングルは「世界のジャングルシーンを凝縮したゾーン」です。
しかしながら、こちらのゾーンではとても可愛らしいツーショットが見ることができました!

眠たげなカピバラくんとカメ(おしり)です。
なんだろう? このほのぼのとした光景は・・・。

アクアパーク

そして今回のベストショットがコチラの彼。「グリーンバシリスク」くん。

アクアパーク

決して爬虫類が好きなわけではないですが、この表情(?)がとても気に入っています。哲学的というか、なんというか。

かわいいというよりは、高貴でかっこいい感じかな。(褒めすぎ?)
なんだかちっちゃな恐竜みたい。

ワンダーチューブ

ロマンティックな海中トンネル「ワンダーチューブ」もアクアパークの見どころのひとつです。

アクアパーク

写真には映っていませんが、マンタやエイも優雅に泳いでいます。手を伸ばせばマンタに触れられそうな、そんな錯覚を起こしてしまうほど身近に感じます。

ドワーフソーフィッシュは世界で唯一展示されているそうですよ。

ワンダーチューブは、フィーディングタイムがなかなかおもしろいです。開始少し前から魚たちがそわそわし始めて、すごく落ち着きがなくなります。

下のドワーフソーフィッシュ(たぶん)は、スルメイカをノコギリ部分でつついて懸命に食べようとしてました。

アクアパーク

リトルパラダイス

リトルパラダイスは、テーマに合わせて変わる9つの水槽群で構成されています。2016年10月31日までは、『毒展』といういささか物騒なテーマの水槽もあります。

たまたま目の合った魚は、ハナミノカサゴというらしいです。きれいな故にちょっと毒々しいなと思っていたら、本当に強烈な毒があるんですね。

アクアパーク

おわりに

アクアパーク品川は、疲れた心と体を癒してくれるおすすめスポットです。もちろんお魚の生態をじっくり見てみるのもおすすめです。

【今回使用したカメラとレンズ】
・Sony α5100
・Sony E 50mm F1.8 OSS

アクアパーク品川へのアクセス


公式サイト アクアパーク品川

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク