おいしい坦々麺に満足♪「四川飯店 日本橋」でランチ

四川飯店 日本橋

コレド室町にある「四川飯店 日本橋」でランチしました。

四川飯店日本橋では、ビジネスランチセットが1200円と、平日・土曜日ならわりとお手ごろ価格で本格的な四川料理をいただくことができます。

以前、四川飯店名物セット(1800円)を注文したことがあるのですが、麻婆豆腐に坦々麺、ワンタンそれにライスと私にはかなりのボリュームで、味わいよりもおなかが苦しいほうが記憶に残ってしまったため、今回は単品でいただくことにしました。

まずは前菜として注文したのはウマ辛ゆでワンタン(600円)と、生ビール(550円)。

四川飯店 日本橋

ウマ辛ゆでワンタンは辛さはほどほどですが、ワンタンに絡んだソースがとても濃厚で、クセになるおいしさ。まさにウマ辛という言葉がピッタリのお料理でした♪

メインは、麻婆豆腐と迷ったあげく、陳建一の担々麺(1050円)に決定。

四川飯店 日本橋

正直、前回はあまり印象に残らなかったのですが、陳建一の担々麺、かなりおいしいです!

私はどちらかというとゴマ系より麻辣系のがつんとした辛さの坦々麺が好みなのですが、ゴマの香り豊かでありながら、後からちゃんと辛さも感じられるところがよかったです。

中国山椒がベースではないので、麻婆豆腐よりは全然辛くない(というか痺れない)ものの、味わい豊かな一品で、ついスープまで飲み干してしまいました。

また、四川飯店日本橋は接客にも好感が持てます。

混んでいても相席はないし、まわりを見渡しているとライスやスープがおかわり自由のお客さんへはこまめに「おかわりはいかがですか?」と声がけがされていました。(2~3回おかわりしているお客さんもいましたが、嫌な顔ひとつせず、おかわりに応じていました)

サービスの中国茶もおいしいですし、食後はさりげなく爪楊枝も運ばれてきます。

おわりに

今回いただいたウマ辛ゆでワンタンも陳建一の担々麺もすごく辛いというわけではありませんが、存分にうまみを楽しむことができ、満足でした。

ランチはひとりでも入りやすいですし、お店の雰囲気や接客もいいのでおすすめです♪

四川飯店 日本橋

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク