学べる!飲める!ヱビスビール記念館

恵比寿ガーデンプレイスにある「ヱビスビール記念館」に行ってきました。

ヱビスビール記念館は自由に見学することができますが、せっかくなので試飲2杯つきのガイドツアー(500円)に参加。

ヱビスビールを学んでから飲むビールは格別でした!

ガイドツアーで歴史を学ぶ

ガイドツアーでは、スタッフ(ブランドコミュニケーターというらしい)による展示物の説明を受けることができます。

正直なところ、ヱビスビールにすごく興味があるわけではなかったのですが、初めて知ることが多く「へえ」の連発。

なかなか楽しめたので、ほんの一部ですが、ご紹介します。


まずは、ヱビスビールの誕生から。1890年に誕生した「恵比寿ビール」がはじまりです。

初代のビンも展示されており、この頃からおなじみのえびす様がモチーフとして描かれていました。


昔は、ビールは高級品だったそうです。なんと、かけそば10杯分。

かけそば10杯て、つまりランチ10日分みたいな感じですよね・・・。
ウイスキーやワインに比べ、ビールは身近なイメージがあったので意外でした。

「とりビー」(とりあえずビールの略)なんて、とんでもない!


銀座にオープンした日本初のビヤホール「恵比寿ビヤホール」の様子が描かれたジオラマもあります。楽しそうな様子が伝わってきますね。

ちなみにビヤホールって、ヱビスビールを作った日本麦酒醸造会社の社長・馬越氏による造語だそうです。英語じゃなかったんだ・・・。

注目は、奥の窓ガラス(赤枠)に映り込んでいる恵比寿様の影ですね!

ほかにも戦時中の不遇な時代から現代まで、ヱビスビールにまつわる話をいろいろと聞けました。ビールを通じて、日本の近代文明の歴史に少しだけ触れられた気分です。

そうして説明を聞き終わったころには、無性にビールが飲みたくなっていました(笑)

お待ちかね!楽しい試飲タイム

ガイドツアーでは、2種類のエビスビールを試飲することができます。いただけるのは、ヱビスビールと琥珀ヱビス。(写真はヱビスビール)

ツアーで一緒になった方たちとも乾杯をかわし、ヱビスビールをいただきます。
何も知らないで飲むよりありがたみが増したせいか、格別においしかったです。

ヱビスビールはどっしりとした味わいで、琥珀ヱビスのほうはフルーティでした。
おつまみにいただいた塩えんどう豆は懐かしい味わいで、ぽりぽり手が止まりません。

最後は、ブランドコミュニケーターによる「自宅でできる、おいしいビールの注ぎ方」レクチャーです。

缶ビールとは思えない泡の出来栄えに、一同から歓声があがりました。

クリーミーな泡がグラスからはみ出しているのに、グラスをゆすってもこぼれないんですよ。きっと泡が濃密なんですね。

テイスティングサロンもおすすめ

ツアー後、もっと飲みたかったので、テイスティングサロンに立ち寄りました。

テイスティングサロンは、ツアー参加者でなくても利用できるので、軽く一杯のみたいときにもおすすめです。

はじめに自動販売機でエビスコインと呼ばれるコインを購入し、カウンターで注文するスタイル。

ヱビスビールは1コイン(400円)で楽しめます。


今回はいただいたのは、テイスティングセット(800円)。
ヱビスビール、琥珀エビス。、ヱビスプレミアムブラックの3種類とおつまみがセットになっています。


昼時で小腹も空いていたので、ソーセージ(800円)と夏限定の冷やしおでん(400円)を追加し、心ゆくまでビールを堪能しました。

オリジナルグッズが買えるミュージアムショップ

ヱビスビール記念館にはミュージアムショップも併設されています。

お菓子類からヱビスビールでおなじみの恵比寿様が描かれたグッズ類まで、いろいろ撮り揃えられています。

私が購入したのは、クリアファイルとおとなの鉛筆、懐紙、その他もろもろです。すっかりヱビスビール記念館の術中にはまってしまいました。

ツアーでいただく「塩えんどう豆」もこちらのショップで購入することができますよ。

ヱビスビール記念館へのアクセス

【住所】東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
【交通】JR恵比寿駅より動く歩道で約5分
【時間】11:00~19:00 ※最終入館は18:30まで
(ヱビスツアー最終回 平日17:10 / 土日・祝日17:30)
【料金】入館料は無料、ヱビスツアー、テイスティングサロンでの試飲は有料
【HP】http://www.sapporobeer.jp/yebisu/museum/

おわりに

ヱビスビール記念館は、ヱビスビールについて楽しく学べ、おいしくビールが飲める、おとなのアミューズメントでした。

ガイドツアーは平日昼間でも定員に達することがあるので、なるべく予約していくのがおすすめです。

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク