ブログ画像はどこに? 写真共有サイトを考える

p140208_01

以前、ブログを独自ドメインに変えたら、画像が表示されなくなりました。
理由は簡単で、「絶対パスが変わった」から。
つまり、画像を読み込むためのURLそのものが変わってしまったために、リンク切れを起こしたというわけです。
そのときは手動でパスの書き換えをして事なきを得たのですが、このブログを立ち上げたばかりの今、ちょっと考えています。

将来的に独自ドメインにするかもしれないし(結構濃厚)、サーバーだって移転するかもしれない。
そうなったら確実に画像URLは変わりますし、結果、また手動で書き換えることになるわけです。
それなら、いっそ、画像は写真共有サイトにアップして、そこへリンクを貼ってURLを維持するほうがよいのでは?・・・と。

むろん、写真共有サイトのようなクラウド型共有サービスにも不安要素はあります。
たとえば、トラブルによるデータの破損やサービスの終了ですね。
でも、安定感のあるサービスなら確率は低いですし、念のためバックアップだけとっておけば何とかなりそうです。

そう考えると、外部の写真共有サイトを使うメリットのほうにどんどん心が傾き始めました。
調べてみると、尊敬するブロガーさんの中にも、利用されている方がチラホラと。

これはもう、試してみるしかない!

というわけで、ブロガーさんたちの評判が良い「Flickr」を利用してみることにしました。
Flickrは英語サイトですが、ググれば、ありがたいことに日本語の説明サイトも出てきます。

Flickrの利用に必要な米Yahoo!のアカウント取得が難しそうでしたが、googleアカウントでサインアップしたら、拍子抜けするほど、すんなり完了。

どちらかと言えば、そのあとのプライバシー設定などのほうが大変でした(汗)

とりあえず、しばらく使ってみようと思います♪

【参考記事】
flickr(フリッカー)の利用登録にGoogleアカウントが使える事を知り早速登録。もっと早く知っていればよかった。|ぶらり@web走り書き

追記(2014/7/4)

Flickrがiframeタグに変わり、画像上の矢印クリックで前後の写真に変わってしまうようになったのを機に自分のサーバー上に置くように変更しました。
結局、それが一番落ち着くような気がします。

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク