女心と少年ジャンプ

突然ですが、皆さんはマンガはお好きですか?
私は好きです。

Photo:Dr Slump Ultimate Edition By:Stéfan
Photo:Dr Slump Ultimate Edition By Stéfan

子どもの頃からマンガは雑食気味に色々読んでいましたが、週刊少年ジャンプに好きな作品が多かったような気がします。
女の子(今じゃないです。昔ですよ)なのに、少年マンガ? と思われるかもしれませんが、私の世代では意外と普通でした。

少年ジャンプを読み始めたキッカケ

先日、同世代の同僚とマンガの話になり、偶然にもお互い小学生までは「りぼん」派だったのに、中学生からは「ジャンプ」派に転向していたことが分かりました。

どうしてか考えてみると、やはり大きかったのは「聖闘士星矢」の影響。
最近また人気が再燃し、映画をやっているみたいですが、当時はかなり流行りましたからね。
友だちもみんな読んでいるから、自分も読み始めた感じでした。

今思えば、当時は少女マンガに出てくる優しいイケメンさわやか君よりも、信念のために闘う男に魅かれるお年頃だったのだと思います。

ジャンプ作品といえばコレ。勝手に選ぶベスト3

聖闘士星矢

地上を守るため、現代に蘇った女神アテナと彼女を護るセイントたちの戦い。
5人のブロンズセイント(セイントランクは一番下)を軸に物語が展開されます。
彼らは戦いを通して、セイントとしても人としても成長していくのです。

・・・ということで、基本はバトルなのですが、その中に友情があったり、正義について考えたり、色んな意味で熱いマンガです。

主役級のブロンズセイントは、連載されていた当時は自分と同い年位だったので、年上好きだった私はあまり興味がなかったです。。
ひたすらゴールド(セイントランクは最上級)のお兄様方を溺愛してました(笑)

スラムダンク

バスケのバの字も知らない主人公・花道(ヤンキー)が、高校に入学して一目ぼれした女の子の影響でバスケットを始めます。
問題児の花道が、抜群の身体能力と前向きさを武器に練習に参加。
驚くほどの上達ぶりをみせ、本人もバスケの面白さにどんどんハマっていきます。
ヤンキーからスポーツマンに変わっていく彼の姿に思わずジーンとくる作品です。

スラムダンクを読むまでバスケなんてまったく興味なかったし、ルールも知りませんでした(花道くんと同じですね)。
そんな私が、ルールを理解し、たまーにTVでバスケの試合を見るまでに至ったのは、スラムダンクのおかげです。
少年がスポーツを通して成長していくという鉄板なストーリーに加え、その設定が問題児というのも面白かったと思います。
彼を取り巻く仲間、ライバル校も魅力的なキャラが多かったのも良かった!

個人的には翔陽の藤間くんと海南の牧くんがお気に入り♪

Dr.スランプ

アラレちゃんとがっちゃん、可愛かったですよね!
そして主人公アラレちゃんに負けない個性っぷりを発揮するペンギン村の住人達。
だって、普通の人って山吹先生くらいしか思い出せません(笑)
(先生も相当天然でしたが・・・)

おわりに

こうして改めて見てみると、
・登場キャラが多い
・登場キャラが個性的
・登場キャラが魅力的
なのが、共通しているみたいですね。

銀魂やブリーチも好きなので、これからもジャンプに頑張っていただきたいです。

スポンサーリンク

たくさんの方にお読みいただけると嬉しいです!

フォローしていただけると、ブログ更新をチェックできます

スポンサーリンク